台風16号、先島諸島に接近 気象庁が警戒呼び掛け

 台風16号は21日、沖縄・与那国島の北西の海上を北北東へ進んだ。21日夜遅くから22日未明に沖縄県の先島諸島へ最接近、その後はさらに東へ進んで西日本に近づく見通し。気象庁は沿岸の海上では大しけになるとして、高波などに警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、22日にかけて沖縄県の各地で非常に強い風が見込まれ、先島諸島で予想される最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートル。波の高さは先島諸島8メートル、沖縄本島4メートルの見込み。発達した積乱雲による落雷や突風、急な強い雨の恐れもあるとしている。

PR

PR

注目のテーマ