【こんにちは!あかちゃん 第21部】さぁ!新制度 選び方は<1>子育て施設 選択肢増

 来年4月にスタートする「子ども・子育て支援新制度」。来月から多くの幼稚園で募集が始まるなど、子育て世代の「保活」が本格的に動きだすが、保護者にとってはいまだに分かりづらい。どんな施設をどう利用できるのか。具体例を基に考えたい。

 「仕事をしたい」と思っている福岡市早良区の佐藤悦子さん(36)は、新制度に期待する一人だ。新制度では求職中でもパート勤務でも「保育の必要性」が認められ、認可保育所や認定こども園が利用できるようになるからだ。

 佐藤さんは夫と長女(2)の3人暮らし。東京から引っ越してきた昨秋、認可保育所を探したが、空きがなかったため専業主婦になった。妊娠7カ月。「2人目を出産した後は働きに出たい」と考えている。

 《新制度は保護者が働く働かないにかかわらず「すべての子ども」を対象にしている。今ある認可保育所や幼稚園、認定こども園のほか、「地域型保育」(家庭的保育、小規模保育、事業所内保育など)が新設され、多様なサービスが期待されるが、利用できる施設は個人の状況によって異なってくる》

 チャート=図参照=を見てほしい。あなたの家庭はどれに当てはまるだろうか。

 佐藤さんが現時点で「求職中」となると、一番左の矢印をたどり、認可保育所や認定こども園などを利用できる。長女が3歳になると幼稚園の選択肢も増える。幼稚園によっては独自に「預かり保育」を行っているところもあるので、勤務時間が合えば利用できる。下の子は、保育所や認定こども園のほか、より少人数で0~2歳児を預かる家庭的保育や小規模保育などの「地域型保育」も選択肢に上がる。

 もし再就職を断念し、長女が3歳になれば、長女を幼稚園に通わせ、下の子を自宅で育児する選択もある。

 《新制度の財源は、消費税増税による増収分から年7千億円程度(2017年度から満額予定)を想定。新制度に移行する施設は、この大きな“財布”から運営費などを受け取る。一方、「収支の試算ができない」など新制度に移るのを見合わせている幼稚園や、そもそも自主運営の認可外保育所は新制度下にないため、手続きや利用方法にほぼ変更はない》

 5月に福岡市内にアロママッサージ店を開業した西村さとみさん(41)は新制度を前に複雑な心境だ。末っ子(4)が通う幼稚園は来春の時点で新制度に移行しない。「(収入に応じて)保育料が安くなる認可保育所も良いけど…。先生もよく知っているし、環境を変えて子どもに負担をかけたくない」と、今通う幼稚園を移る気はない。

 福岡市東区の認可外保育所「SUKU・SUKU」に長女(1)を預ける福岡県粕屋町の母親(37)は「アットホームな雰囲気が気に入っている。保育士さんもベテランで安心」。
 さまざまな選択肢が広がるだけに、自分に合った施設やサービスを見定める目を持つ必要がありそうだ。


=2014/09/23付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ