今冬の九州は暖かくなりそう 12月~15年2月

 福岡管区気象台と鹿児島地方気象台は24日、九州地方の寒候期予報(12月~2015年2月)を発表した。今冬は北太平洋のアリューシャン列島付近で冬に発生する低気圧が平年よりやや東側に位置するとみられる。このため九州を含む西日本では冬型の気圧配置が平年より弱まり、平均気温は平年並みか高くなると予想している。

 また、赤道域の対流が不活発なことから、大陸で平年より南側を通る偏西風が日本付近で北へ蛇行すると予測。このため暖かく湿った空気が入り込みやすくなり、降水量は平年並みか多くなるとみられるという。

=2014/09/24 西日本新聞=

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ