広い範囲で激しい雨の恐れ 25日にかけ低気圧通過

 台風16号から変わった温帯低気圧は24日、日本海を発達しながら東へ進んだ。南から湿った空気が流れ込む状態が続き、25日にかけて北日本から西日本の広い範囲で、雷を伴った激しい雨が降る恐れがある。気象庁は、土砂災害や河川の氾濫への警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、台風は24日午前に東シナ海で温帯低気圧となった後も、速度を上げながら移動。大気が不安定な状態になり、西日本は25日朝に、東日本は25日昼前にかけて、局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る見込み。その後に東北を通過する。

PR

PR

注目のテーマ