台風17号が小笠原接近へ 暴風と大雨の恐れ

 台風17号は26日、小笠原諸島の南東の太平洋上を北西に進んだ。勢力を強めながら28日には風速25メートル以上の暴風域を伴って父島などへ最接近し、その後は伊豆諸島付近の海上へ移動するとみられる。

 小笠原諸島では27日夕から非常に強い風が吹き、1時間に最大で50ミリの激しい雨が降る恐れもある。気象庁は大雨や暴風に注意を呼び掛けた。海上も大しけの状態が続く見込みで、高波への警戒も必要としている。

 気象庁によると、小笠原諸島で27日午後6時までに予想される24時間雨量は80ミリ。最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートル。

PR

PR

注目のテーマ