台風18号、大東島へ 西日本、東日本にも影響

 大型で非常に強い台風18号は3日、南大東島の東南東の海上を北西に進んだ。4日には勢力を保ったまま沖縄県大東島地方に接近する見込み。その後は北東に進路を変え、西日本や東日本に向かう。気象庁は大雨や暴風、高波に対する厳重な警戒を求めた。

 気象庁によると、大東島地方では4日は猛烈な風となり、非常に激しい雨が降る。湿った空気が流れ込むため、5日には東日本や西日本でも太平洋側を中心に雨量が多くなる。海上はしける。

 噴火による安否不明者の捜索活動が続く御嶽山(長野、岐阜県)の周辺でも注意が必要だ。

PR

PR

注目のテーマ