台風18号、大東島へ接近 西日本、東日本も雨に注意

 大型で非常に強い台風18号は4日、南大東島沖を北上した。大東島地方は風速25メートル以上の暴風域に入り、夕方から夜にかけて最接近する見通し。気象庁は暴風や高波への警戒を呼び掛けた。5日朝には進路を北東へ変え、6日にかけて西日本から東日本の太平洋側に接近する恐れがある。

 気象庁によると、南大東島地方は4日午前、各地で瞬間風速40メートル近くの風を観測。接近に伴って最大風速45メートル(最大瞬間風速65メートル)の猛烈な風が吹く恐れがある。

PR

PR

注目のテーマ