ひまわり8号、予定通り打ち上げ 種子島で7日

次期気象衛星ひまわり8号=9月3日、鹿児島県南種子町の種子島宇宙センター 拡大

次期気象衛星ひまわり8号=9月3日、鹿児島県南種子町の種子島宇宙センター

 気象庁は5日、次期気象衛星ひまわり8号について、台風18号の影響はないとみて、予定通り7日に鹿児島県にある種子島宇宙センターから打ち上げると発表した。時刻は午後2時16分00秒に決まった。

 気象庁気象衛星課によると、5日は台風18号が種子島に接近したが、7日には北海道の東海上へ進むため、打ち上げには大きく影響しないと判断した。7日当日の天候によって時間を変更する場合は、午後6時16分までの間で打ち上げる。

 衛星本体や搭載用のH2Aロケットは既に種子島宇宙センターへ搬入されており、打ち上げに向けた最終的な準備が進められている。

PR

PR

注目のテーマ