台風18号、死者4人・不明5人 負傷者49人、各地で被害

大雨の影響で土砂が流れ込んだアパート=6日午後2時10分、横浜市緑区で共同通信社ヘリから 拡大

大雨の影響で土砂が流れ込んだアパート=6日午後2時10分、横浜市緑区で共同通信社ヘリから

台風18号の影響でネットを支える金属製の柱が倒れたゴルフ練習場=6日午後3時49分、千葉県鎌ケ谷市で共同通信社ヘリから

 台風18号が首都圏を直撃した6日、共同通信のまとめで、新たに神奈川県で土砂崩れに巻き込まれるなどした3人が死亡し、2人が意識不明、2人が行方不明になった。共同通信のまとめで、5日以降の被害は死者4人、意識不明2人、不明者5人となった。警察庁によると、負傷者は49人。台風18号は夜に太平洋上で温帯低気圧となった。

 6日は横浜市緑区では、崩れた土砂がアパートに流れ込み、1階から見つかった男性(30)が死亡した。山梨県富士吉田市で増水した川に転落した無職舟久保隆之さん(77)のほか、茨城県常陸太田市でも男性(78)の死亡が確認された。

PR

PR

注目のテーマ