台風19号北上、沖縄で暴風 小笠原・母島は記録的大雨

 大型で非常に強い台風19号は11日、沖縄の南海上を北上した。12日未明から早朝にかけ、沖縄本島を通過する恐れがある。気象庁は暴風や高波、土砂災害などに警戒を呼び掛けた。13日は九州南部に接近し、その後は日本列島の太平洋側を沿うように進む見込み。

 沖縄本島は11日未明、風速25メートル以上の暴風域に入った。沖縄県南城市で瞬間風速45・4メートル、那覇市で37・9メートルの非常に強い風を観測した。海上は猛烈なしけとなった。

 東京都小笠原村の母島では、9日の降り始めから11日未明までの総雨量が186・0ミリに達し、気象庁は「50年に1度の記録的大雨」と発表。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ