台風19号で龍馬も“避難” 高知駅前の志士像

 高知県は11日、台風19号の接近に備え、JR高知駅(高知市)前に設置している坂本龍馬、武市半平太、中岡慎太郎の土佐勤王党3志士像を“避難”させた。

 午後5時ごろから、発泡スチロールとウレタン製の1体約400キロの像(高さ約5・3メートル)をクレーンでつり上げ、それぞれトラックに載せ、高知市と南国市の倉庫などへ搬送した。

 県の担当者は「強風による像の損傷や(壊れた場合の)二次被害の恐れがあり、風が強くなる前に早めに避難させることにした」と説明。龍馬像はそのまま“脱藩”し、18日から横浜市で開催される「全国龍馬ファンの集い」に参加する。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ