台風で13日も運休、欠航相次ぐ JRや航空各社

 大型で強い台風19号が日本列島に接近するのに伴い、JR九州やJR西日本は12日、在来線や特急などの13日の運転本数を大幅に減らすと発表した。航空各社も九州各地を発着する便を中心に、13日朝から欠航とすることを決めた。

 JR九州は、13日の始発から肥薩線の全線や鹿児島線の一部など、在来線の多くで運転を見合わせる。特急や観光列車も大半が運転見合わせ。九州新幹線は状況によって運転を取りやめるかどうかを判断する。

 JR西日本は、北陸や山陰を結ぶ特急のほか、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山の各府県の全域や一部について、特急や普通列車などの本数を減らす。

PR

PR

注目のテーマ