台風19号、列島縦断 1人死亡、負傷者相次ぐ

台風19号による強風の中、名古屋駅前を歩く女性=13日夜 拡大

台風19号による強風の中、名古屋駅前を歩く女性=13日夜

台風19号の影響による列車運休を伝えるJR名古屋駅の掲示板=13日夜 台風19号の影響で激しい風雨に見舞われた高知市で、折れた傘を手にずぶぬれで歩く女性=13日午後

 大型の台風19号は13日、鹿児島県枕崎市付近に上陸して九州、四国を通過し、さらに大阪府岸和田市付近に再上陸した。広い範囲を風速25メートル以上の暴風域に巻き込み、列島を縦断しながら東日本方面へ進んだ。14日夕に三陸沖で温帯低気圧となる見通し。

 共同通信のまとめで、これまでに鳥取県で1人が死亡、静岡県で1人が行方不明となり、転倒するなどして全国で計82人が負傷。台風は14日午前0時現在、岐阜県郡上市付近を時速約50キロで北東に進み、中心気圧は985ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートル。中心からの半径240キロ以内が暴風域。

PR

PR

注目のテーマ