台風接近、御嶽山麓で住民ら避難 土石流警戒

土石流警戒のため王滝川の支流に設置されているカメラ=13日午後、長野県王滝村 拡大

土石流警戒のため王滝川の支流に設置されているカメラ=13日午後、長野県王滝村

 登山者56人が死亡、7人が行方不明となっている御嶽山(長野・岐阜県、3067メートル)の麓、長野県王滝村と木曽町は13日、台風19号による大雨注意報発令を受け、一部地区の住民に避難勧告を出した。十数人が近くの公民館などに避難した。

 噴火により山中に積もっている大量の火山灰が流されて土石流が発生し、集落が孤立する可能性もあるという。

 両町村によると、土砂被害は確認されていない。台風は深夜に最接近する可能性があるとして、担当者は徹夜で警戒に当たるという。

PR

PR

注目のテーマ