全国的に今季一番の冷え込み 「寒さ続く」と気象庁

 大陸から寒気が流れ込んだ影響などにより、15日は全国的に気温が下がって、この秋一番の冷え込みになった。最低気温は全国に約930地点ある観測点のうち、460地点以上で今季最低となり、12月上旬並みとなった所もあった。

 16日も東京で最低気温が12度と11月上旬並みの予想となるなど、気象庁は「しばらく寒さが続く。急な気温の変化で体調を崩さないよう注意してほしい」と呼び掛けた。

 気象庁によると、15日の最低気温は、北海道稚内市で午前6時すぎに、平年より7・3度低い氷点下4・5度を記録した。鹿児島県霧島市でも7・5度低い6・7度などだった。

PR

PR

注目のテーマ