御嶽山の捜索を再開 態勢、最大規模を維持

御嶽山の山頂付近で捜索活動をする自衛隊員=16日午前(陸上自衛隊提供) 拡大

御嶽山の山頂付近で捜索活動をする自衛隊員=16日午前(陸上自衛隊提供)

 56人が死亡、7人が行方不明となっている御嶽山(長野・岐阜県、3067メートル)の噴火で、長野県災害対策本部は16日朝、捜索活動を再開した。これまでで最大の千人規模だった15日の態勢を維持した。

 山頂付近に雲がかかる可能性が高いため捜索隊の輸送にヘリコプターを使わず、全員が登山口から徒歩で入山した。後方支援を含めると、約1900人態勢。

 対策本部や自衛隊はこの日昼、行方不明者の家族ら18人をヘリコプターに乗せ、上空から御嶽山の捜索状況を見せた。

 対策本部によると、15日に初冠雪した山頂付近は、16日午前8時20分で積雪は5センチ。気温は1度ほどという。

PR

PR

注目のテーマ