ジュディ・オングさん 故宮展を鑑賞

 太宰府市の九州国立博物館で開催中の台北故宮博物院展(西日本新聞社など主催)を11日、台湾出身の歌手・女優のジュディ・オングさんが鑑賞した。

 版画家でもあるジュディさんは芸術にも造詣が深く、台北故宮博物院には展示替えのたびに足を運んでいるという。「日本に初めて海を越えて(作品が)来たことは本当にすごい。この歴史的瞬間に立ち会いたかった」と、九州国博に来場した思いを笑顔で話した。

 会場では、蘇軾(そしょく)の「行書獲見帖頁(ぎょうしょかくけんじょうけつ)」などの書について「素晴らしい。書き手の息づかいや性格までも伝わってくる。繊細さと大胆さを兼ね備えている」と絶賛。名作が多い陶器にも魅了されていた。ジュディさんは「なかなか持ち出せないものばかり。ぜひ鑑賞してほしい」と、来場を呼び掛けた。同展は30日まで。


=2014/11/12付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ