特別展「古代日本と百済の交流」 来年1月から九州国博で開幕

国宝「七支刀」(古墳時代・4世紀、奈良・石上神宮所蔵) 拡大

国宝「七支刀」(古墳時代・4世紀、奈良・石上神宮所蔵)

■日韓の文化財99件を紹介 音楽イベントも 
 朝鮮半島に栄えた百済と日本の深い関わりを紹介する特別展「古代日本と百済の交流」が2015年1月1日、福岡県太宰府市石坂の九州国立博物館で開幕する。3月1日まで。

 国宝「七支刀(しちしとう)」(1月15日~2月15日まで展示)など日韓の文化財99件を通じて交流の歴史を紹介。多彩な関連イベントもある。

 筑紫の少女と百済の青年貴族の絆を描いた市民ミュージカル「ASUKA」を演奏会形式で2月15日午後1時と同3時、同館ミュージアムホールで披露。入場無料。申し込みははがき(1枚あたり2人まで受け付け)に公演名、希望の回、郵便番号、住所、全員の氏名(ふりがな付き)、電話番号、人数を明記し、〒810‐0001 福岡市中央区天神1の4の1、西日本新聞イベントサービス内「古代日本と百済の交流」係まで送付を。2月2日必着。問い合わせは同イベントサービス=092(711)5491。

 特別展の入場料は一般1400円、高校・大学生千円、小中学生600円。月曜休館。1月12日は開館し翌日休館。問い合わせはNTTハローダイヤル=050(5542)8600。


=2014/11/25付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ