はやぶさ2打ち上げ3日に再延期 悪天候続く

小惑星探査機「はやぶさ2」を搭載したH2Aロケットが入る組立棟=30日午後、鹿児島県の種子島宇宙センター 拡大

小惑星探査機「はやぶさ2」を搭載したH2Aロケットが入る組立棟=30日午後、鹿児島県の種子島宇宙センター

 宇宙航空研究開発機構と三菱重工業は30日、小惑星探査機「はやぶさ2」の打ち上げを、天候不順が予想されるため12月3日に延期すると発表した。午後1時22分に、種子島宇宙センター(鹿児島県)から打ち上げる。

 天候による延期は2回目。三菱重工業などによると、発射場付近で制限風速を超える強風が見込まれ延期を決めた。はやぶさ2は、当初の11月30日の打ち上げ予定を、天候不良のため12月1日に延期していた。

 はやぶさ2は、世界初の小惑星からの試料回収を成し遂げた探査機はやぶさの後継機。地球から約3億キロ離れた小惑星に向かい、岩石などを採取することを目指す。

PR

PR

注目のテーマ