台風22号マニラ接近へ 勢力弱まるも警戒続く

 【タクロバン共同】フィリピンに上陸した台風22号は8日、ルソン島南部などを暴風域に巻き込み、西北西に進んだ。勢力は弱まりつつあるが、8日夜には首都マニラに接近する見通しで、各地で強風や大雨、高潮への警戒が続いている。

 国家災害対策本部によると、8日までに確認された死者は全土で2人。地元メディアによると、台風が上陸したサマール島で2人が死亡したとの情報もある。今後、マニラなど人口密集地域に接近するため、被害の拡大も懸念されている。

 台風22号は9日には南シナ海に抜け、ベトナム南部に向かうとみられている。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ