清新さ求めた197点 きょうから「行動展」

中島伊津美さんの作品「ACTIONPART1」(福岡・会友賞) 拡大

中島伊津美さんの作品「ACTIONPART1」(福岡・会友賞)

■福岡市美術館 14日まで 
 行動美術協会(東京)主催の「第69回行動展」が9日、福岡市中央区大濠公園の同市美術館で開幕する。14日まで。

 同協会は1945年、清新な芸術表現を求めた向井潤吉らが結成。今回の福岡展では、中島伊津美さん(会友賞・福岡県太宰府市)、江藤千代子さん(損保ジャパン美術財団賞・山口県光市)、中川義秋さん(永井保賞・佐賀県吉野ケ里町)ら絵画部門の191点と森貴也さん(会友賞・大分県別府市)ら彫刻部門の6点を展示する。

 その他の主な出品作家(敬称略)は▽絵画=阿部直昭、池辺法子、上田貞子、大鷹進、加来保、上川伸、河村純一郎、児玉成弘、汐月顕、嶋田純子、下平武敏、杉光定、高木岩義、竹下雅明、永野陽子、廣島巌、藤崎恒頼、本田義夫、美山都子、邑上好範、守末利宏▽彫刻=柚野朝男など。

 13日午後2時、14日午前10時から会場で出品作家らによるギャラリートークもある。

 入場料は一般800円、大学生600円。高校生以下無料。

 問い合わせは同美術館=092(714)6051。


=2014/12/09付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ