『「季刊のぼろ」冬号』  (1000円)

『「季刊のぼろ」冬号』(1000円) 拡大

『「季刊のぼろ」冬号』(1000円)

 冬山の季節がやってきた。九州密着の山歩き専門誌「季刊のぼろ」(19日発売)の冬号の特集は「くじゅうに冬がきた」。静かで神秘的な山々の絶景ルートの紹介はもとより、くじゅうに暮らす人々や山荘の主人らに、冬のくじゅうの魅力を語ってもらった。

 雪山は寒くて危険と思って敬遠している方も多い。でも、準備を怠らなければ大丈夫。プロガイドの徳永哲哉氏が雪山の特徴、装備、歩き方を丁寧に説明。また、アウトドアショップの女性店員が、冬山対策の肌着、ウエア、山道具や登り方などを、女性の目線でアドバイスする。

 第2特集は、福岡市民に愛されている「油山」。あまり知られていない3つの「裏道」の見どころを紹介する。

 このほか、九州・山口の各地の低山、お勧めの冬山ルートも充実。さあ、真っ白い世界を見に行こう!


=2014/12/14付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ