九州北部、16日夜から大荒れ 平地でも積雪の恐れ

 九州北部は16日夜から17日にかけて強い寒気が流れ込む冬型の気圧配置が強まり、所によっては大雪になるおそれがある。福岡管区気象台は、17日午前6時までの24時間の降雪を山地で10センチ、平地で3センチと予想。暴風や高波にも警戒を呼び掛けている。

 気象台によると、15日夜から北西の風が強まり、九州の広い範囲に強風注意報を出した。17日にかけて、福岡地方と北九州地方の海上で風速20メートルの非常に強い風が吹くと予想している。

 強い風のため、JR筑肥線の加布里-筑前深江間は16日の始発から約20分の遅れ。長崎県・五島と博多を結ぶフェリーは16日の2便を欠航した。


=2014/12/16付 西日本新聞夕刊=

PR

PR

注目のテーマ