強風、雪、寒い九州 交通機関に乱れ 18日も冷え込み続く

一面雪に覆われた八女中央大茶園=17日午前9時50分、福岡県八女市 拡大

一面雪に覆われた八女中央大茶園=17日午前9時50分、福岡県八女市

積雪や凍結のためチェーン規制がかかった三瀬トンネル=17日午前11時ごろ、佐賀市三瀬村

 上空に強い寒気が流れ込み、「冬の嵐」に襲われた日本列島。九州地方も17日朝から厳しい寒さとなった。長崎市では平年より2日早い初雪を観測。山地などでは積雪した所もあった。福岡管区気象台は九州北部の沿岸地域に暴風雪警報を出し、17日夜までの警戒を呼び掛けている。寒さは18日まで続く見込み。

 気象台によると、朝の最低気温は大分県中津市0・1度▽北九州空港0・8度▽長崎市1・2度-など、九州7県の観測地点24カ所で今季最低を更新。福岡県内は八女市氷点下1・2度▽飯塚市1・8度▽福岡市2・8度-などと冷え込んだ。

 福岡県久留米市では、民家の屋根や公園、河川敷などがうっすらと雪化粧。同県八女市では茶畑が一面真っ白に染まったほか、子どもたちが雪玉を手に登校する姿も見られた。福岡市・天神でも小雪が舞った。

 熊本県教育委員会によると、同県五木村の五木東小、五木中の2校が積雪によるスクールバスの運行中止で休校となった。

 西日本高速道路によると、大分自動車道の朝倉インターチェンジ(IC)-日田IC間と、南九州自動車道の八代ジャンクション(JCT)周辺、宮崎自動車道のえびのJCT周辺が降雪のため通行止めとなった。西鉄は高速バスの福岡と宮崎、鹿児島を結ぶ2路線の運行を始発から見合わせ、大分方面の5路線を迂回(うかい)運行した。

 博多と韓国・釜山を結ぶ高速船「ビートル」、長崎県・五島-博多間のフェリーは同日の全便が欠航となった。

 17日は断続的な降雪と強い風に注意が必要で、18日朝は山地などで路面凍結の恐れもあるという。


=2014/12/17付 西日本新聞夕刊=

PR

PR

注目のテーマ