【こんにちは!あかちゃん 第25部】少子化 わたしの意見<5完>男性の生き方見直せ 田中俊之さん

 ●武蔵大社会学部助教(男性学) 田中俊之さん 
 -男性学とはどんな学問ですか。

 「簡単に言うと、男性特有の社会的な問題を対象とした学問です。例えば、男性は一度就職したら定年まで辞めることが認められない風潮がある。結婚したら一家の大黒柱になることを期待される。しかし、現実は製造業など男性が多い産業の就業者数は大きく減少し、給与も下がっている。つまり、現実の変化と『男性が稼ぐべきだ』という社会全体のイメージに決定的なギャップが出てきた。そのため、男性は生きづらさを抱えてしまう。男性学は男らしさのイメージと現状とのギャップを明らかにして、男性が生きやすい生き方を提案する役割があります」

 -ギャップがあることと少子化は結びつきますか。

 「非正規の職に就く男性のほとんどが正社員を希望している。これは、結婚して妻子を養わなければならないプレッシャーが強いから。家計を安定させるような収入がないと結婚や子どもを持つことができないと思っている。だから少子化の一因になる。今はさらにイクメンとして家事や育児も求められ、厳しい状況です」

 -仕事と育児の両立が大変なのは女性も同じなのでは。

 「世間で男性が一家の大黒柱というイメージが残っているということは、女性が家事や育児をすべきだというイメージが残っているということ。家事・育児時間は女性の方が圧倒的に長いので、男性の時間を増やさなければいけない。だが、長時間労働の問題を解決しないままだと、男性が家事や育児をすることは無理だと思う」

 -少子化の一番の原因は。

 「今、指導的な立場にある政治家や企業の人は、ほとんどが男性。家庭や地域のことを女性任せにし、仕事だけしてきてうまくいったと思っている。そういう人たちが、目の前の経済成長や会社の業績を優先し、『社会を次世代につなげていく』という発想がないことが問題なんです。ある企業の社長が育児休暇を取り、子育てを経験したとき『育児は次世代を育てるものだと実感できた』と話していた。もし今の指導的な立場にいる人たちがそれを当たり前だと認識していたら、この問題を放置しないと思うんです」

 -少子化を解決するには男性、女性、社会はどうしたらいいか。

 「今は低成長の時代に入っている。男性は、意識を変えて時代に合った生き方をしていくしかない。しかし個人の努力では限界があり、会社の評価の仕方や、男性の在り方など、男性の生き方を根本的に見直すことを社会問題として議論していくことが必要です」

 「生き方とは働き方。経済が発展していない今は、男性だけでなく女性も生き方、夫婦や家族の在り方を見直すチャンスです。そのためには、企業が子育てや介護など個人のライフステージに合った働き方を柔軟に認めないと、現状を変えることは難しいのではないでしょうか」

 =おわり

 ▼たなか・としゆき 東京都出身、39歳。武蔵大人文学部卒、同大大学院修了。2013年から同大社会学部社会学科助教。神奈川県川崎市男女平等推進審議会委員。

 ●メモ=男性の労働と家事

 総務省の労働力調査によると2013年の男性の平均週間就業時間は44.1時間。前年より減少しているが、週60時間以上働いている男性は486万人(13.79%)と依然として多く、長時間労働が常態化している。同省の社会生活基本調査(11年)によると、家事や介護、育児などの「家事関連」にかける時間は、女性の平均が1日あたり3時間35分なのに対し、男性は42分と大きな差がある。


=2014/12/20付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ