九州北部に大雪注意報 福岡管区気象台が警戒呼び掛け

 急速に発達する低気圧の影響で全国的に冬型の気圧配置が強まる中、九州北部でも、22日朝にかけて降雪が予想され、山地では大雪となる可能性もある。福岡管区気象台は21日、九州北部全域に大雪注意報を出し、交通機関や農作物への影響に警戒を呼び掛けている。

 気象台によると、九州北部では22日昼前にかけて、上空に流れ込む強い寒気の影響などで、大気の状態が不安定となる見込み。同日朝までの24時間に山地の多いところで10センチ、平地でも3~5センチの降雪が予想されている。

 雪は午前中まで一部で断続的に降り続くが、午後には厳しい冷え込みも緩む見通し。気象台は、積雪や路面凍結などによる交通への影響のほか、強風、高波にも注意を促している。

=2014/12/21 西日本新聞=

PR

PR

注目のテーマ