ネットでの気象災害報道で連携 ウェザーニューズとドワンゴ

連携を発表し、握手するウェザーニューズの石橋知博取締役(右)と、ドワンゴの杉本誠司広報部長=23日午後、千葉市 拡大

連携を発表し、握手するウェザーニューズの石橋知博取締役(右)と、ドワンゴの杉本誠司広報部長=23日午後、千葉市

 気象情報会社「ウェザーニューズ」(千葉市)と、動画投稿サイト「ニコニコ動画」を運営するドワンゴ(東京)は23日、気象災害時に連携し、最新の被災状況や気象情報をリアルタイムで伝える番組をインターネットで配信すると発表した。

 ウェザーニューズがホームページ上で24時間放映している天気予報番組「SOLiVE24」を、台風や豪雨などによる気象災害が予想される場合は、より多数の人が視聴できるニコニコ動画の「公式チャンネル」でも同時に放映する。

 両社は会員からの気象情報や、視聴者からのコメント投稿といった利用者参加型のサービスを得意としている。

PR

PR

注目のテーマ