錦織健さんプロデュース 「後宮からの逃走」上演

モーツァルトの人気作を上演する(写真は公演のイメージ) 拡大

モーツァルトの人気作を上演する(写真は公演のイメージ)

■福岡市で来年3月 
 モーツァルトの世界へようこそ-。人気オペラ歌手錦織健さんがプロデュースする歌劇「後宮からの逃走」が来年3月24日午後6時半、福岡市中央区天神のアクロス福岡シンフォニーホールで上演される。

 錦織さんは日本での歌劇普及を目指して2002年から舞台制作に取り組んでおり、本作で6作目となる。モーツァルトの歌劇の中でも特に華やかで人気が高い演目で、トルコ太守にとらわれた婚約者コンスタンツェを救おうとする貴族ベルモンテの奮闘を描く。歌は原語だが、せりふは日本語なので、より物語を楽しめるのが特徴。

 ベルモンテ役に錦織さん、コンスタンツェ役に佐藤美枝子さんを配し、市原愛さん、高柳圭さんが脇を固める。歌劇を知り尽くした錦織さんならではの魅力あふれる舞台になりそうだ。

 入場料は全席指定でS席1万2千円、A席1万円、B席8千円、学生席4千円。未就学児は入場不可。チケットはアクロス福岡チケットセンターなどで販売している。問い合わせは西日本新聞イベントサービス=092(711)5491。


=2014/12/30付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ