【生きる 働く 第1部】私がハタラク理由<4>週3日就労 夢を追う

 キャッチコピーは「週5日勤務の『あたりまえ』がバカらしい」。勤務条件は「週休4日で月収15万円」。

 昨夏、人材派遣会社「ビースタイル」(東京)が始めた若者向けの就職サービス「ゆるい就職」は、かなり異色だ。

 週3日の就労で何とか自活できるだけの収入を確保し、やりたいことに打ち込む時間を得る。しかし、正社員のような「安定」はない。

 秋の説明会には定員の4倍、360人の若者が応募した。なぜか-。

 松井一透(かずと)さん(27)は年明けから、「ゆるい就職」で求人があった都内の会社で働き始めた。業務内容は、メールやチャットでの顧客対応だ。

 早稲田大を卒業後、番組制作会社に就職した。仕事は面白かったが、ほとんど家に帰れない。会社で椅子を並べて眠る日々に疑問を覚え、退職。その後に就職したIT企業も、1年3カ月で辞めた。

 そんなときに出合ったのが、「現代の駆け込み寺」を掲げるシェアハウス「リバ邸」(全国12カ所)だった。世の中の枠組みに縛られたくない人や息苦しさを感じる人の居場所であり、生き方を探す場所-。理念に共感した松井さんは、「リバ邸」を全国各地に広めるNPO法人の設立を目指している。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ