福岡、北九州市で宝塚星組6月公演 新トップコンビ登場

北翔海莉さん(左)と妃海風さん(C)宝塚歌劇団 拡大

北翔海莉さん(左)と妃海風さん(C)宝塚歌劇団

■4月4日からチケット発売 
 宝塚歌劇星組公演が6月27日、北九州市小倉北区大手町の北九州ソレイユホール、28日、福岡市中央区天神の福岡市民会館でそれぞれある。男役の北翔海莉(ほくしょうかいり)さんと娘役の妃海風(ひなみふう)さんの新トップコンビ就任を祝う「お披露目公演」で、ミュージカル・ロマン「大海賊」とロマンチック・レビュー「Amour それは…」で観客を魅了する。

 「大海賊」は、2001年に月組で上演された作品の再演。17世紀後半のカリブ海を舞台に、海賊に両親を殺されたエミリオ(北翔さん)が美しい娘エレーヌ(妃海さん)と愛と冒険のドラマを繰り広げる。

 「Amour」は、09年に宙組で上演。愛にまつわるエピソードを心弾む音楽と鮮烈なダンスで描く。「新生星組」に合わせ内容の一部をリメークして上演する。

 開演は北九州会場は午後2時、福岡会場(2回公演)は午後2時と同6時。入場料は全席指定でS席7300円、A席6千円。未就学児は入場不可。チケットぴあ、ローソンチケット、イープラスなどで4月4日から発売。問い合わせは西日本新聞イベントサービス=092(711)5491。


=2015/03/31付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ