[2015年]元議員秘書が市長選に出馬表明 北海道函館市

 元衆院議員秘書の広田知朗氏(53)が8日、26日投開票の北海道函館市長選に無所属で出馬する意向を表明した。広田氏は当初は北海道議選に出馬予定だったが、記者会見で「(函館市長選が)無風になるのを避けてほしいという市民の声を聞き、立候補を決意した」と述べた。

 函館市は昨年4月、津軽海峡を挟み対岸で建設中の大間原発(青森県大間町)の建設中止などを国や電源開発に求めて東京地裁に提訴、現在も裁判が続く。広田氏は大間原発に反対の立場を示す一方で、「裁判以外の手段が取れないのは不健全」として「市の訴訟の取り下げを検討したい」と話した。

PR

PR

注目のテーマ