特別展「戦国大名」 21日から 九州国立博物館

国宝「婦女遊楽図屏風」(部分)展示は5月19~31日 拡大

国宝「婦女遊楽図屏風」(部分)展示は5月19~31日

■国宝など140点展示 
 戦乱の九州を駆け抜けた武将たちを描く特別展「戦国大名-九州の群雄とアジアの波涛(はとう)」が21日、太宰府市石坂の九州国立博物館で開幕する。5月31日まで。

 同館の開館10周年を記念して企画された。大友宗麟、松浦隆信、島津義久、立花宗茂、黒田長政、加藤清正など九州ゆかりの大名の生涯を、松浦家伝来の国宝「婦女遊楽図屏風(びょうぶ)」(17世紀・奈良・大和文華館蔵)など約140点の文物で紹介する。

 4月26日午前11時と午後2時半から、同館エントランス広場で豊後大友宗麟鉄砲隊(大分)による火縄銃の演武とワークショップがある。見学無料。天候により開催時間の変更や中止の場合あり。

 入場料は一般1400円、高校・大学生千円、小中学生600円。前売り券(各200円引き)を主要プレイガイドで販売。5月4日を除く月曜休館。

 問い合わせはNTTハローダイヤル=050(5542)8600。


=2015/04/13付 西日本新聞夕刊=

PR

PR

注目のテーマ