【クッキングパパ30周年】うえやまとち 笑顔食堂 握らないおにぎり おにぎらず アイデア料理 25年前に命名

記者が作ってみました 拡大

記者が作ってみました

 5月に連載30周年を迎える週刊「モーニング」(講談社)の人気漫画「クッキングパパ」。毎回レシピ付きで紹介される料理は、1300を超える。作者のうえやまとちさんは福岡県福津市在住、作品の舞台は主に福岡で、九州にゆかりのある料理も多く登場する。タイトルにあやかり、男性記者たちが独断と偏見でおいしそうな料理を選び、月1回再現する。

 初回は今や空前のブームとなっている「おにぎらず」。何と25年も前の連載の中で、うえやまさんは「おにぎらず」と命名し、レシピを描いていた。

 おにぎりのように「握る」のではなく、真四角ののりの真ん中にご飯を広げ、具材を載せ、四隅を折るだけ。ご飯を「握らない」簡単さ。「育児中で忙しいとき、妻がぱぱっと作っていたのを見て漫画に描いた」とうえやまさん。レシピに沿って作ると確かに簡単。ただ、試食した息子たちから「大き過ぎ」と苦情が…。切り分けるのを忘れていました。


=2015/04/24付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ