[2015年]40年ぶり村長選は64歳新人 宮崎・諸塚村

 宮崎県諸塚村長選は26日、無所属新人の元副村長西川健氏(64)が無所属新人の元村議中本洋二氏(42)を破り初当選した。1975年以来、40年ぶりの選挙で投票率は92・61%だった。

 諸塚村は40年前、現職と新人の一騎打ちによる激戦で二分された。現職が勝ったが、村民の間では「狭い山村での争いは避けたい」との思いが強まり、その後は引退する村長の後継に助役らが就き、選挙戦を回避。前回選の2011年まで9期連続無投票だった。

 今回は元副村長の西川氏が「政策の継続」を掲げ、シイタケ栽培や林業など第1次産業の再生による振興を主張し支持を広げた。

PR

PR

注目のテーマ