[2015年]東京・渋谷区長に長谷部氏初当選 同性パートナー条例推進へ

渋谷区長選で当選を決め、花束を手に喜びの表情を見せる長谷部健氏=26日夜、東京都世田谷区 拡大

渋谷区長選で当選を決め、花束を手に喜びの表情を見せる長谷部健氏=26日夜、東京都世田谷区

 同性パートナー条例の運用などが争点となった東京都渋谷区長選は26日、無所属新人で条例推進派の元区議長谷部健氏(43)が、元都議矢部一氏(64)=民主、維新、社民、生活推薦、元都議村上英子氏(59)=自民推薦=らを破り、初当選を決めた。

 渋谷区では3月、同性カップルを結婚に相当する関係と認めて証明書を発行する同性パートナー条例が成立し、条例の運用などを争点に激しい選挙戦が展開された。

 長谷部氏は、条例にある証明書の発行を早期に進める立場を強調。政党の推薦を受けず、条例を制定した現職から後継指名され、既存政党の支援を受けた矢部、村上両氏に競り勝った。

PR

PR

注目のテーマ