鈴木康広展 17日まで 福岡市のアルティアム

「地球展開儀」などユニークな作品を展示 拡大

「地球展開儀」などユニークな作品を展示

■ユニークな視点光る 
 身近な物を通じて、地球や宇宙のようなスケールの大きな世界を表現する美術家、鈴木康広さんの個展が17日まで、福岡市中央区天神のイムズ8階三菱地所アルティアムで開かれている。

 鈴木さんは1979年静岡県生まれ。東京造形大デザイン学科を卒業後、意欲的な作品を発表し続け、昨年、毎日デザイン賞を受賞した。

 福岡での個展は10年ぶり。会場では「近所の地球」と「宇宙の黒板」をテーマにした2005年以降の造形物や映像作品ほか約50点を展示している。縦に切った黒と水色の色鉛筆を貼り合わせて描いた2色の線で宇宙と地球を表現した「地球線を描く鉛筆」や地球儀にジッパーを付けて新たな世界の誕生をイメージした「地球展開儀」など鈴木さんのユニークな視点が光る。

 入場料は一般400円、学生300円、高校生以下無料。問い合わせはアルティアム=092(733)2050。


=2015/05/07付 西日本新聞夕刊=

PR

PR

注目のテーマ