台風6号、沖縄に接近の恐れも 11~12日にかけ

 非常に強い台風6号は9日、フィリピンの東の海上を北寄りに進んだ。気象庁によると、今後は進路を東寄りに変え、11~12日にかけて沖縄県に接近する見込みで、暴風域に入る恐れもある。

 台風6号は10日午前0時現在、フィリピンの東を時速20キロで北西に進んだ。中心気圧は940ヘクトパスカル、最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートル。中心から半径110キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、半径280キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

PR

PR

注目のテーマ