台風6号、沖縄に近づく 広範囲で激しい雨の恐れ

進路予報図は気象庁ホームページより 拡大

進路予報図は気象庁ホームページより

 非常に強い台風6号は11日、フィリピンの北の海上を北に進み、11日夜から12日にかけて暴風域を伴って沖縄県や鹿児島県・奄美地方に接近するとみられる。気象庁は、暴風や高波に警戒を呼び掛けたほか、東日本(関東甲信、東海、北陸)までの広い範囲で、1時間に50ミリ以上の激しい雨となるところもあるとして注意を求めた。

 気象庁によると、沖縄は11日夜遅く、奄美では12日朝から暴風や大しけになる見込み。台風6号はその後、13日にかけて速度を上げながら日本の南を北東へ進む。中国大陸の前線も移動してくる影響などから、局地的に激しい雨が降るところもあるとみている。

PR

PR

注目のテーマ