台風6号、大雨と暴風警戒 日本海には別の低気圧

 強い台風6号は12日、沖縄県から鹿児島県の奄美付近を進んだ。12日夜遅くから13日未明までに温帯低気圧に変わった後も非常に強い風が吹く見込みで、気象庁は、南西諸島から東日本の太平洋側にかけて、暴風や高波への警戒を呼び掛けている。日本海には前線を伴う別の低気圧があり、太平洋側を中心に大雨への注意も必要とした。

 気象庁によると、台風6号は速度を上げながら、日本の南の海上を移動。温帯低気圧に変わりながら、近畿から東日本へかなり接近し、上陸する恐れもある。

 12日は、沖縄県宮古島市の下地島空港で未明に風速45・8メートルを観測した。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ