小笠原、19日夜から暴風に警戒 台風7号接近

 強い台風7号は19日、日本の南の海上を北寄りへ進み、夜遅くから20日明け方にかけて、暴風域を伴って小笠原諸島に接近する見込み。20日にかけて予想される最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。海上も波の高さが8メートルで大しけになる。気象庁は暴風と高波に警戒を呼び掛けたほか、高潮に注意を求めた。

 気象庁によると、台風7号は19日正午現在、父島の南西約420キロを時速15キロで北東へ進んだ。中心気圧965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速35メートル、最大瞬間風速50メートル。中心から半径150キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。

PR

PR

注目のテーマ