137人全島避難、屋久島に 口永良部噴火

口永良部島・新岳が噴火し、避難のため屋久島に到着、自衛隊員に支えられて下船する住民=29日午後、鹿児島県の屋久島・宮之浦港 拡大

口永良部島・新岳が噴火し、避難のため屋久島に到着、自衛隊員に支えられて下船する住民=29日午後、鹿児島県の屋久島・宮之浦港

噴火が発生した鹿児島県の口永良部島(奥)から避難する島民を乗せたフェリー=29日午後4時(共同通信社機から)

 鹿児島県屋久島町の口永良部島・新岳(626メートル)の爆発的噴火で、避難指示を受けた住民ら137人全員が29日夕までに、船やヘリコプターで10キロ余り離れた屋久島への避難を終えた。安倍晋三首相は避難の長期化に備え、仮設住宅の必要性を含めて検討するよう山谷えり子防災担当相に指示した。気象庁は、引き続き爆発的噴火が起きる恐れがあるとして注意を呼び掛けた。

 屋久島町役場などによると、火口から約4キロの番屋ケ峰の高台にある避難所に集まっていた住民ら125人は町営フェリー「太陽」で口永良部島西部の本村港を出港し、午後5時半ごろ、屋久島・宮之浦港に到着した。

PR

PR

注目のテーマ