口永良部島、1日にも一時帰島へ 住民の代表ら27人

口永良部島から避難した住民が滞在する屋久島の公民館に、畳を運び入れる人たち=31日午後、鹿児島県屋久島町 拡大

口永良部島から避難した住民が滞在する屋久島の公民館に、畳を運び入れる人たち=31日午後、鹿児島県屋久島町

 口永良部島・新岳(鹿児島県屋久島町)の爆発的噴火に伴う全島避難で、町は31日、避難した住民の代表ら27人を6月1日午前に一時帰島させる方針を明らかにした。1日朝の天候を見て、最終判断する。火山の監視や緊急時の支援として、自衛隊と国土交通省、鹿児島県警のヘリコプター3機が上空から見守り、海上保安庁の巡視船も出動する。

 町によると、一時帰島するのは本村地区の21人、湯向地区6人で、島への滞在は2時間半程度。消防団員や一般住民、九州電力関係者らが漁船3隻に分かれて向かう。緊急時に備え、福岡管区気象台との連絡態勢も整えたという。

PR

PR

注目のテーマ