九州大雨、土砂崩れ相次ぐ 避難指示・勧告一時38万人

 活発な梅雨前線の影響で大雨となった九州各地は11日、土砂崩れなどの被害が相次ぎ、長崎、熊本、鹿児島各県で一時、計約38万5千人に避難指示や避難勧告が出た。これまでの雨で地盤が緩んでおり、気象庁は、引き続き土砂災害に警戒するよう呼び掛けた。

 熊本県によると、住宅3棟が一部損壊し、67棟が床上浸水した。長崎県南島原市では土石流が発生。国土交通省によると、砂防ダムに4万立方メートルの土砂がたまったという。けが人はいない。

 九州新幹線は鹿児島県の川内―鹿児島中央で雨量が規制値に達したため、上下線で運転を一時見合わせた。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ