太平洋側中心に激しい雨 土砂災害に警戒呼び掛け

 気象庁は30日、西日本から東日本の太平洋側を中心とした広い範囲で、7月1日夕にかけて局地的に非常に激しい雨が降るとして、土砂災害や浸水、河川の増水などに警戒を呼び掛けた。鹿児島県十島村は30日午前、50年に1度の記録的な大雨となった。

 気象庁によると、東シナ海から九州南部を通って日本の南に延びた梅雨前線が、北上して活動が活発になる見通し。西日本や東日本の太平洋側は、局地的に雷を伴い1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る見込み。

 1日午後6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで九州北部が200ミリ、九州南部と近畿、東海が180ミリ。

PR

PR

注目のテーマ