霧島で火山性地震が急増 気象庁、注意呼び掛け

 気象庁は6日、鹿児島、宮崎県境の霧島連山・えびの高原(硫黄山)で、5日に火山性地震が急増し24回観測したと発表した。今後、小規模な噴出現象が突発的に起こる可能性があるとして、注意を呼び掛けている。

 気象庁によると、1日10回を超えるのは3月以来という。

 6日は午前10時まで発生しておらず、噴気や地殻変動、火山性微動も観測されていない。

 硫黄山は、ことし5月に火口周辺警報が解除され、活火山であることに注意を呼び掛ける噴火予報に引き下げられている。

PR

PR

注目のテーマ