台風9号が沖縄接近へ 暴風雨、高波に警戒

 大型で強い台風9号は9日、発達しながら沖縄本島の南海上を北寄りに進んだ。10日午前中、沖縄地方に最も接近する見込みで、気象庁は沖縄・奄美での暴風や高波、大雨、高潮に厳重な警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、10日にかけて予想される最大風速は沖縄40メートル(最大瞬間風速55メートル)、奄美20メートル(同30メートル)。波の高さは沖縄12メートル、奄美9メートル、九州南部6メートル。

 沖縄地方では9日夜遅くから、雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る地点があり、多いところで10日正午までの24時間に150ミリに達する恐れがある。

PR

PR

注目のテーマ