台風9号、10日朝沖縄に最接近 暴風雨や高波、厳重警戒

 大型で非常に強い台風9号は9日、沖縄本島の南海上を北西に進んだ。10日朝にかけて暴風域を伴い沖縄地方に最も接近し、沖縄県南城市では最大瞬間風速46・4メートルを観測した。気象庁は暴風や大雨、高波や高潮に厳重な警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、予想される最大風速は沖縄で40メートル(最大瞬間風速55メートル)、奄美で20メートル(最大瞬間風速30メートル)。海上は猛烈なしけで、波の高さは沖縄12メートル、奄美9メートル、九州南部6メートル。

 雷を伴い1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る地点がある。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ