九州で猛暑日、ことし初 熱中症か、搬送相次ぐ

 九州では9日、台風9号の影響で気温が上昇し、福岡、佐賀、長崎、熊本、鹿児島の各県で最高気温が35度以上に達し、ことし全国初の猛暑日となった。各地で高校生ら多数が熱中症とみられる症状を訴えて病院に搬送され、長崎では1人が死亡した。

 気象庁によると、台風の北上で梅雨前線が押し上げられて高気圧の範囲となった上、台風から暖かい空気も流れ込み、九州山地の西側では熱風が吹き下ろす「フェーン現象」が起きた。

 日中の最高気温は佐賀市36・2度、熊本県菊池市36・0度、福岡県大牟田市35・5度、長崎県大村市と鹿児島県日置市で35・4度となった。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ