熊本県、PM2・5で注意喚起 3月以来

 熊本県は14日、微小粒子状物質「PM2・5」の大気1立方メートル当たりの1日平均濃度が国の暫定指針(70マイクログラム)を超える可能性があるとして、ホームページなどで外出を控えるよう注意喚起した。熊本県による注意喚起は3月5日以来、2回目。

 一方、福岡市は14日、PM2・5の1日平均濃度が国の環境基準(35マイクログラム)を超過し、43・1マイクログラムになるとの予測を発表した。福岡市の基準値超えの予測は2日連続で、2月15日の予測開始から7回目。

PR

PR

注目のテーマ