奄美地方が梅雨入り 平年より4日遅く

 鹿児島地方気象台は15日、奄美地方が梅雨入りしたとみられると発表した。14日の沖縄地方に続く入梅で、平年より4日、昨年より2日遅い。

 同気象台によると、奄美地方は南からの湿った気流の影響で、今後1週間も曇りや雨の日が多くなる見込みという。平年の梅雨明けは6月29日ごろ。

 奄美地方の梅雨入りは記録がある1951年以降、8番目に遅い。最も早い梅雨入りは98年の4月25日ごろで、最も遅かったのは2007年の5月26日ごろ。

PR

PR

注目のテーマ